施設での看護師の役割は?

高齢化社会が進む現代では、看護師の方の活躍の場は多岐に及びます。
その証拠に病棟や外来勤務以外において、老人保健施設やデイサービスなど高齢者を対象にした介護施設・サービスにおける看護師の需要は年々高まってきています

実際に施設の看護業務とはどういったお仕事なのでしょうか?単衣に施設と言っても様々な業務が有ります。その中でも入所者に関する介護福祉施設のお仕事をご紹介致します。

施設に入所している利用者の医療処置や投薬と健康管理が主な仕事です。また、利用者のレクリエーションとして、童謡を歌ったり、物を使って利用者の体を動かしたりすることもお仕事の一つです。

更に、介護施設には医師がほとんど従事していません。その代わりに顧問医と契約してるため、施設に回診にきます。顧問医に的確な利用者の症状を伝え、スムーズな回診を行うように動くのも重要なお仕事となります。その為、入所者の健康状態や特徴など、介護員と連携して把握しておくことが何より大切な事といえるでしょう。

看護師の数が少ない施設での場合は、看護師の方にかかる責任も大きくなりますが、利用者としっかり向き合う事が出来る点1対1の看護介護が出来る点などがこの仕事の魅力の一つではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です