施設での看護師の役割は?

高齢化社会が進む現代では、看護師の方の活躍の場は多岐に及びます。
その証拠に病棟や外来勤務以外において、老人保健施設やデイサービスなど高齢者を対象にした介護施設・サービスにおける看護師の需要は年々高まってきています

実際に施設の看護業務とはどういったお仕事なのでしょうか?単衣に施設と言っても様々な業務が有ります。その中でも入所者に関する介護福祉施設のお仕事をご紹介致します。

施設に入所している利用者の医療処置や投薬と健康管理が主な仕事です。また、利用者のレクリエーションとして、童謡を歌ったり、物を使って利用者の体を動かしたりすることもお仕事の一つです。

更に、介護施設には医師がほとんど従事していません。その代わりに顧問医と契約してるため、施設に回診にきます。顧問医に的確な利用者の症状を伝え、スムーズな回診を行うように動くのも重要なお仕事となります。その為、入所者の健康状態や特徴など、介護員と連携して把握しておくことが何より大切な事といえるでしょう。

看護師の数が少ない施設での場合は、看護師の方にかかる責任も大きくなりますが、利用者としっかり向き合う事が出来る点1対1の看護介護が出来る点などがこの仕事の魅力の一つではないでしょうか?

看護師の求人が増える時期

看護師の求人が増える時期とはいつなのでしょうか?

一般的に年に4回あると言われていて、3月~4月、7月、9月~10月、12月がそれに当たります。およそ3か月周期ですね。
しかし、なぜその時期に求人が増えるのでしょうか。

1.3月から4月

3月から4月は新卒が入職する時期でもあり、同時に年度の変わり目なので退職する人も増えます。だが、ベテランが退職して、同じ人数の新卒者が入職したとしてもさすがに同じように仕事をこなしていくことはできません。そのため、新卒を採用するのと同時に転職者も採用して、即戦力となる人材を確保することで最低限仕事が回るようにしていくのです。

また、基礎研修が必要となる転職者であっても新卒者と同時に研修できるため効率がいいのです。さらに事業計画などで人員を増やす場合なども年度が替わるタイミングで行うことが多いため、増員のための求人も出てきやすい時期でもあります。

2.9月から10月

9月から10月の場合も前期・後期の変わり目であり、3月から4月と同様に増員などが行われやすいタイミングでもあります。また、3月に退職する予定の職員が多数いる場合にその穴を埋める人材を確保して、退職しても職場がスムーズに進むようにしておくと考えるところもあります。

3.7月と12月

7月と12月はそれぞれ夏と冬の賞与が出る時期なので、ボーナスをもらうまで待っていた人が退職していくためその分求人も多く出てきます。

12月に退職して少し休んでから4月に再就職をしたいと考える人もいます。3月に出る退職者が抜ける穴を埋めるための求人もあるでしょう。その場合は転職者が退職するまでの期間も考えて3月に入職する予定で採用する時もあります。

☆この4回のタイミングで求人が多く出てくる

4回/年のタイミングで求人が多く出てくるため、転職を考えた際はなるべくこの時期に合わせて求人情報を探していくといいでしょう。

特に違う科に転職したい場合やブランクがある看護師の場合は、研修を受けられる4月に入職できるように、現在も働いているのであれば12月、既に退職している場合は3月に求人情報を探していくといいでしょう。

ただし、時期に合わなくても希望に合う求人が出てきたりする可能性もあり、誰かが採用されれば優良な求人を逃してしまうことになるので、転職を考え始めたときにはなるべく早く情報を集め始めた方がいいでしょう。満足できる転職を行うためには、なるべくゆっくりと転職先を探していくべきです。

看護師が転職するのに良い時期とは

看護師の転職をしようと考えたとき、まず考えるのは「今がベストなタイミングか?」ということです。転職しようと思っても求人が少なく、焦って希望とは程遠い仕事を選んでしまう人もいますから、転職するにはまず時期を考える必要があります。職業によって転職をするのにいい時期というのは異なりますが、看護師の場合はどの時期がいいのでしょうか?

看護師は常に人手が足りないので、ただ転職をするだけならそれほど難しくはありません。しかし、自分の条件に合う転職先やより良い条件で転職したい場合はやはりしっかりと時期を考える必要があります。

看護師の場合は求人が増える時期があります。その時期に合わせて転職活動を進めていくとたくさんの中から自分の条件に合ったいい条件の求人が見つけやすくなります。

復職看護師の成功例・失敗例

看護師は圧倒的に女性が多く、結婚や出産、夫の転勤など様々な理由から仕事を離れることがあります。
再就職を考えても、“医療は日進月歩だから何年もブランクが空いてしまうともう怖くて戻れない…。
”あるいは、“またイチから人間関係を築いていかなければならないのか…”などなど不安や悩みが大きくなかなか踏み切れない人が多いのが現状です。

では実際に復職した看護師の実態はどうでしょうか。成功例と失敗例を紹介します。

1.復職看護師の事例

子どもが小学校に上がり、手を離れるように・・・復職を決めました。
求人を探しに行ったナースセンターでブランク者向けの講習があることを知り、早速受けて最新の医療事情や用語を学びました。
看護師の派遣会社へも登録し、まずフルタイムではなく短期の仕事を探しました。復職にあたり一番不安だったのは注射などの医療行為だったので、デイサービスや健康診断など比較的医療行為の少ない短期の派遣業務から始めました。
派遣会社を利用していくつかの施設で働くことができ、今は老人保健施設で働いています。少しずつ慣らしていけたので、病棟の感覚も取り戻すことが出来ました。
もともと総合病院しか考えていなかったのですが、他の職場もあることを知って選択肢も広がりました。
実際に働いて人間関係や待遇を確認して就職することが出来たので、とても満足しています。

以上、復職看護師の紹介しました。
ブランクがある場合、やはり技術の低下や最新の知識の不足が不安です。
Bさんのように看護協会の設置するナースセンターや自治体、病院が実施しているセミナーや研修を有効に活用することが必要です。
また子育て中の方は、家族や周りの方と十分に話し合い、復帰後の生活がどうなるか、どういう協力が必要かについて共有しておかないと、後から思わぬ摩擦が生じる可能性があります。
いずれにせよ、再就職においては事前の準備が重要です。この準備を怠らなければ、最初は大変ですが「昔取った杵柄」を実感できることでしょう。

ここでは看護師の転職に必要な方法を紹介します。

看護師は条件を選びさえしなければ転職先に困らない職業です。
求人情報は一見、いたる所にあふれています。

ハローワークや求人広告、情報誌などが主になりますが、これは各医療機関が個別に出している求人が載っています。
求人情報はありますが、果たしてあなたの望む条件を叶えてくれる求人はあるでしょうかという課題があります。こうした情報をひとつひとつ拾って検討するのは、あまり効率的とは言えないのです。
中には知り合いの看護師に紹介されて転職先を決める方もいらっしゃいます。
職場環境について生の声を聞くことが出来ますから、条件が合致した時にはよい転職をすることが出来ます。
ただし注意しなければならないのは、看護師として働く上での価値観や生活の中で働くことにどれだけウェイトを置くか、などは看護師それぞれで違う、という点です。
紹介する側とされる側がこの点を十分に話し合っておかないと、「話と違う!」となった時でも紹介した側の顔をつぶすことが出来ず辞めることが出来ない…ということも起こり得るのです。

もし転職を考えるとしたら、どういう条件を望みますか?

そこなんです。

こんな希望はないですか?

1.子どもが小さいから夜勤は無理、

2.土日は家族のために休みたい

3.給料は今より下げたくない

4.これまでの経験が活かせる職場が良い

5.キャリアアップに理解のある職場が良い…

人によって何を優先するかは異なってきます。
すべてを叶える求人が見つからず、多くの人はいくつかの条件を諦めたり、途中で転職自体を諦めたりするようです。
妥協して転職しても、転職を諦め現状維持をしても、看護に対するモチベーションの維持は難しくなってしまうことは明らかでしょう。

看護師は専門職です。ハローワークなど一般求人の担当者では求職者の望む条件も採用側の事情も詳しく理解することが難しいのが現状です。
激務が予想されるため高給を望む求職者に「高望みは辞めなさい」「これくらいが相場です」と言ったり、採用側の提示条件を精査せず鵜呑みにしたりすることもあります。

看護師の立場を理解し、よりよい転職へとサポートしてくれるのが、看護師転職サイトの特徴です。
看護師のための求人情報を専門的に扱うサイト(看護師求人ランキング)で、自分の希望する条件を入力すると合致する求人を検索することが出来ます。

なかなか伝えにくいような内容でも希望の条件を簡単に入力するだけで
働きながら転職先を探す場合にも有効です。最近はコンサル型といって、個人のキャリアや要望を考慮し、様々な提案や調整を行ってくれるサイトも出てきています。
気になる求人を見つけたけれど、この条件だけ合わない…といった場合にも、要望を伝えれば採用側へコンタクトをとり、事前交渉してもらえることもあります。
こうした交渉は個人では難しく、サイトを利用するメリットと言えます。
転職に妥協しないためにも、看護師転職サイトを利用する、という選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

Googleページランク